OFFにかける父ちゃんの手作り生活記録 ベランダ菜園、ダッチオーブン、etc...最近ウサギが家族の一員に
by yitts
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
菜園
MUSIC
COOKING
DIY
季節
SHOPPING
レジャー
うさぎ
生活一般
社会
考えてみる
ダッチオーブン
外食
ペット
通勤
即興めし
ロケンロー
アウトドアー
旅行
まいった
嗜好
運動
未分類
以前の記事
2015年 06月
2011年 06月
2011年 03月
2010年 07月
2010年 06月
more...
最新のトラックバック
calculatoare..
from calculatoare s..
種子島の蜜芋を通販で購入..
from 種子島の蜜芋を通販で購入しよう
メタボ 腹囲
from メタボ 予防
紫外線対策の基本
from 紫外線対策の基本
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
お気に入りブログ
つれづれなるままに
南横浜 潮風1丁目
joviブログ
La Vita Tosc...
ロボコップの水彩画・我廊です
なみふじ日記
忘れない日々 -再び日本...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


OLD FRIENDS at Jul 10, 2009

Can you imagin us
years from today,
sharing a park bench quietly?
How terribly strange to be seventy.

Old friends,
Memory brushes the same years.
Silently sharing the same fears
(P.Simon, Old Friendsより)

この曲が世に出た頃、S&Gの二人はまだ26歳くらいだったろう。
自分達が本当に70歳を目前にしてこの曲をを歌うのはどんな気持だったのだろうか。

再び手を取り合った二人のOld Friendsは、彼らを忘れなかった数万のOld Friendsの前で歌うことになった。
若い頃は年を取ることをネガティブに捉えてしまうけど、ホントは素晴しいんだと思った。

この日はどちらかといえば若輩Old Friendである自分も懐かしい日々を思い出し心が震えました。
「明日に架ける橋」ではガラスのようなアートの歌声に対し、生命力溢れるポール声に感銘した。

またいつの日か思い出したように歌って欲しいな。旧友はいつでも待ってるぜ。
[PR]
by yitts | 2009-07-14 00:29 | MUSIC
<< 200Q年Q月Q日 親子でRUN  >>