OFFにかける父ちゃんの手作り生活記録 ベランダ菜園、ダッチオーブン、etc...最近ウサギが家族の一員に
by yitts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


OLD FRIENDS at Jul 10, 2009

Can you imagin us
years from today,
sharing a park bench quietly?
How terribly strange to be seventy.

Old friends,
Memory brushes the same years.
Silently sharing the same fears
(P.Simon, Old Friendsより)

この曲が世に出た頃、S&Gの二人はまだ26歳くらいだったろう。
自分達が本当に70歳を目前にしてこの曲をを歌うのはどんな気持だったのだろうか。

再び手を取り合った二人のOld Friendsは、彼らを忘れなかった数万のOld Friendsの前で歌うことになった。
若い頃は年を取ることをネガティブに捉えてしまうけど、ホントは素晴しいんだと思った。

この日はどちらかといえば若輩Old Friendである自分も懐かしい日々を思い出し心が震えました。
「明日に架ける橋」ではガラスのようなアートの歌声に対し、生命力溢れるポール声に感銘した。

またいつの日か思い出したように歌って欲しいな。旧友はいつでも待ってるぜ。
[PR]
by yitts | 2009-07-14 00:29 | MUSIC
<< 200Q年Q月Q日 親子でRUN  >>