OFFにかける父ちゃんの手作り生活記録 ベランダ菜園、ダッチオーブン、etc...最近ウサギが家族の一員に
by yitts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


快楽ギター 奥田民生 LION

結婚してからCDとか買う数量がガクンと減りました。
自分の音楽に対する情熱なんてそんなものなのかな。

その代わり過去の音源を聞き続けています。
それで結構満足してます。TVのCMで流れている曲とかも
そんな昔の曲ばかりだったりするし。

そんな中で奥田民生は常に新しいものまで追っかけてます。
ユニコーン時代からなぜか彼の音に目(耳?)が離せません。
洋楽主体で聴いてる僕にしてみると稀有な存在なのです。

ここで紹介するLIONは昨年10月に発売されたもので、
購入してから今でも聞き続けている1枚です。
c0073354_12039.jpg

何がいいのかって?ギターです。
民生の音楽背景にBeatlesがあることは誰が聴いても
わかる音を作ってきました。



でもこのアルバムにはStonesがいました。アルバム通して
響くギターがラフでかつ心地良いんです。Stonesを聴いたときの
感触に近いものがあります。快楽ギターです。

そして今年4月に出したCompでは更にギターを前面に出したものになってます。(“快楽ギター”という曲があるくらい)
民生も年を取るとともにロケンローラーとしての純度を上げているようです。
といっても40才はまだ若い。

そしてもう一つ僕の快楽ギターバンド、方向性は違いますが、
Lynyrd Skynyrd です。
c0073354_1215348.jpg
70年代の代表的な骨太の南部ロックバンドですが、
トリプルギターが気持ちEー。
これは僕が入門編として聴いたBEST盤です。
Free Birdのような超名曲もさることながらどの曲も
体がウズウズしちゃうようなギターがてんこ盛りです。


最近はスーパーギタリストによるスーパープレイよりも
バンドサウンドを重視したギター音楽を聴く傾向が
あるみたいです。
[PR]
by yitts | 2005-08-25 01:37 | MUSIC
<< ピーマン君 観葉植物となる ダッチオーブン(6) タイ風鳥大根 >>