OFFにかける父ちゃんの手作り生活記録 ベランダ菜園、ダッチオーブン、etc...最近ウサギが家族の一員に
by yitts
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
菜園
MUSIC
COOKING
DIY
季節
SHOPPING
レジャー
うさぎ
生活一般
社会
考えてみる
ダッチオーブン
外食
ペット
通勤
即興めし
ロケンロー
アウトドアー
旅行
まいった
嗜好
運動
未分類
以前の記事
2015年 06月
2011年 06月
2011年 03月
2010年 07月
2010年 06月
more...
最新のトラックバック
calculatoare..
from calculatoare s..
種子島の蜜芋を通販で購入..
from 種子島の蜜芋を通販で購入しよう
メタボ 腹囲
from メタボ 予防
紫外線対策の基本
from 紫外線対策の基本
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
日帰り旅行
from 全国日帰り情報
お気に入りブログ
つれづれなるままに
南横浜 潮風1丁目
joviブログ
La Vita Tosc...
ロボコップの水彩画・我廊です
なみふじ日記
忘れない日々 -再び日本...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


安い魚が買えなくなる?

築地で卸業をされている方より聞いた話です。

日本の企業は海外で仕入れた水産物を、中国等アジアの国に送り、
安い加工賃で切り身等を日本の消費者向けに作ってます。

スーパーが低価格で均一規格の商品を出せるのはこういった
背景があって成り立っています。

ところが最近様子が変わってきたようです。
中国経済力の成長が、日本向けに加工をしている水産品を
自国での消費へと考え始めたそうです。
BSE騒動も魚を食べることに一役買っているようです。

日本人の世界各地での魚の買い付けは、生産者に厳格な
品質規格そして低価格を要求しています。日本の消費者の
要求及び企業の販売競争がそうさせているのですが。

一方、中国その他の国は日本程厳格な要求はしません。
それに日本に負けない価格で買い付けているそうです。
そうなると生産者は日本以外の国へ売ることになります。

この話を聞いて、海外での日本向け水産品加工は成り立たなくなるかも
しれないと思いました。

時代は廻るのでしょうか?
かつて日本人は魚屋でその時々の旬の魚をそのままで買い、
各家庭(または魚屋さんが)で調理していました。
今はパッケージに入ったものが普通になっています。
また原点に戻るかもしれませんね。

自分の目で見て判断する能力を求められますが、目が肥えてくるし、
そのほうが絶対に安全です。
私は魚屋さんの復権を指示します。
[PR]
by yitts | 2005-10-06 23:30 | 社会
<< TV中継やってない ダッチオーブン(7) 秋鮭と舞... >>