OFFにかける父ちゃんの手作り生活記録 ベランダ菜園、ダッチオーブン、etc...最近ウサギが家族の一員に
by yitts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


始まりとの再開 QUEEN日本公演

明日(厳密にいうと今日)「QUEEN+PAUL ROGERS」のライブを見に行きます。
多分24年振りに彼らの演奏を聴くことになります。

私の洋楽はQUEENから始まりました。中学1年まで、歌謡曲しか知らなくって、
友達がビートルズとかカーペンターズとかいってもどんな音楽だかわからなかった。

ある日クラスのW君が「QUEENっていいぞ!」といってカセットテープを貸してくれました。彼のお姉ちゃんがファンだったらしい。
c0073354_0572939.jpgその時の最新アルバム“A Day at the Race”(邦題:華麗なるレース)でした。(1975年発売)

とてつもない衝撃でした。すごくメロディーが綺麗で独創的、分厚いコーラス、聴いたことが無いような演奏(音)、それを自作自演するなんて。(何も知らない少年でしたので)

これまで聴いてた歌謡曲がなんてチンケなものなだろうって。

この頃(というかそれ以前から)、洋楽を初めて聴いた人は同じ体験したんじゃないかな。

それからLed Zeppelin、Beatles、YESやPink Floyd等に次々と展開。
1979年4月、高校入学して間もない頃にQUEENを武道館でLIVE体験。
1981にもう一度みたのが最後。その後暫く彼らの音楽からも離れていました。

そして今回の来日、はじめは行くことに戸惑ったですが、自分をROCK好きへの
道を開いてくれたバンドです。Fredieはいないけれど、あの音に会える。
あの頃のPureな感性に戻ってみたいと思います。

そうそう、このブログのタイトルは彼らの6枚目(1976年)"NEWS OF THE WORLD"に
影響されています。
[PR]
by yitts | 2005-10-27 01:27 | MUSIC
<< 日本の秋の風景を変えたもの  鯵の塩焼きじゃ >>