OFFにかける父ちゃんの手作り生活記録 ベランダ菜園、ダッチオーブン、etc...最近ウサギが家族の一員に
by yitts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


1980年12月8日

c0073354_1535123.jpg
当時高校1年生だった私はこれから始まる1980年は素晴しい始まりになるはずでした。1月にポールマッカートニーがWingsを率いての来日が決まり、そのチケットを購入してたからです。
そしてあの大麻所持事件によるコンサートキャンセル。天国から地獄へ。

しかしその後ジョンが長い活動休止からニューアルバムを発表、Good Newsだったのに25年前の今日、(日本時間では9日)ファンによる凶弾に倒れてしまいました。とてつもない喪失感を味わいました。

それから暫く間この時期が来ると彼の作品を頻繁に聴いてました。当時の自分の部屋にこもる石油ストーブに匂いが彼の音楽と結びついてしまうのです。

『Imagin』という曲が象徴するような“Love&Peace”な人、またはロックミュージックに革命を起こしたビートルズのカリスマ的リーダーと非常にポジティブな印象を一般的に持たれているようです。

でもジョンのファンはそういった一面よりも、ホントはナイーブでマザコン、弱い面をさらけ出したり強がったりという不安定なところに惹かれているはず。

写真の 『Plastic Ono Band (邦題=ジョンの魂)』はそんな彼をあからさまに出している作品です。聴くたびに落ち込んだ気持ちになります。決して楽しい雰囲気で聴ける作品ではないです。なので今夜も一人でこっそり聴いてジョンと対話してみます。
[PR]
by yitts | 2005-12-08 02:36 | MUSIC
<< ベーコン 飽くなき探究心で豆腐バーガー ... >>